リハビリで一番大事なことは

センター試験

2013年12月 5日(木曜日) テーマ:
センター試験といえば、大学受験には欠かせないものです。
人によってどこの大学を志望するかは違いますが、大学受験の場合は最初にセンター試験を受け最低限の学力があるかどうかをテストされます。

これがセンター試験になります。
現在はセンター試験という呼び方が定着していますが、以前は大学共通一次試験とも呼ばれていました。
大学によって受験に関する条件も異なりますが、センター試験に合格することが受験条件になっているところも多くなります。
一般的には2日間の日程を組み、毎年1月に行われます。

本番を前に受ける学力テストといったところですね。
国立大学、私立大学ともにセンター試験に合格するかどうかで、その後が決まると言っていいほど重要なステップです。
出題範囲がとても広いので、センター試験に関する勉強はかなり大変です。
センター試験の場合は受験前に、科目を宣言します。
宣言した科目以外は受験できなくなっているので、事前に確認が重要です。